脳天直撃16t

脳天直撃16t TOP  >  今日のセガ >  NINETY?NINE NIGHTS 6日目

NINETY?NINE NIGHTS 6日目

NETY?NINE NIGHTS 感想6回目。
今回で最後です。
しばらく間が空いたけど、別に飽きた訳じゃないんだよ。
兄貴が、こっちの更新用に始めたシャイニングフォースにはまっちゃって・・・・
まぁ、それはともかく!
テュルルの次は、パワフル神父のカラーランだ。
かつては悪人だったカラーランは、押し入った教会で諭されて、神の僕となります。
そして神の導きに従い、この戦いへと身を投じるのだった。
で、操作はというと、これがかなり特殊なのよ。
なんといってもジャンプ出来ないってのは、他のキャラとの大きな差よね。
動きも遅めだしな。
しかしそれを補って余りあるパワフルさが売りだぞ!!
しかも、特殊攻撃で武器を変化させるのが面白いのよね。
棍棒だったのが、斧になったり、ビームサーベルになったりするのよ!!
ストーリーは、これまでの謎を解き明かすシナリオになってるな。
おぼろげに見えていた全体像が、カラーランをプレイする事ではっきりしてくるわね。
カラーランをクリアすると、最後のキャラが登場だ!
全てを終わらせるキャラになるのかと思いきや・・・・
なんと、最後のキャラはトロールのビグバグ!
途中に暴走トロールとして、敵役に出現したキャラよ!
実は心優しいトロールだった彼を、オーク達が戦争へと狩り出したんだ。
気乗りのしない戦争だったけど、自分に名前をくれて友達となったゴブリンの為に、がんばってみよーと思うビグバグ君でした。
プレイしてみると、見た目通りの超パワーキャラ!!
カラーランでもすごいと思ったけど、さらに上だぞ!!
腕を振るだけで、消し飛ぶ兵士達!!
しかも、その兵士を掴んで武器として振り回したりできるのよ!!
なんか、すごいインパクトのあるキャラだったよな。
ここまで無茶苦茶だと、逆に楽しいわよね。
人間共をなぎ倒して進むわよ?
でも、ストーリーはこの戦争の中なので、お気楽に進む訳もないので・・・・
どうしてビグバグが暴走してたかが、ここで判ります。
そこからの結末はちょっと意外な方向だったな。
カラーランのプレイで見えた本筋とはちょっとずれた終わり方よね。
でも、こういう終わり方もありかなーとは思ったわよ。
さて、これで全キャラクリアだが、これで終わったと思ったら大間違いだ!!
アスファの分岐を含む、全ステージをクリアすると、最後のシナリオが登場よ!!
全てのシナリオに蹴りをつけるこの戦いは、是非自分の目で確かめて下さいって事で。
まとめに入るか。
無双系のアクションは数多くあるけど、なんと言っても美しさがこれまでとは段違いよね。
XBOX360の本領発揮のビジュアルだったな。
わらわら出てくる敵、一体一体が今までの主役級の美しさなんだからな。
あまりに綺麗すぎて、敵味方が入り混じった時に、見分けがつかなかったりする事もあるけど・・・
まぁ、適当に攻撃しとけば、敵だけが吹き飛ぶんだから、問題ないだろう!!
簡単操作で豪快アクションが楽しめるわよね?
あとは、ストーリーだな。
おバカになりがちな無双アクションで、戦争の悲劇を描いたのは印象深いな。
闘う双方からの視点を描いた事で、戦争に正義など存在しないという事が見えてくるのよね。
あとは、ストーリーだな。
おバカになりがちな無双アクションで、戦争の悲劇を描いたのは印象深いな。
重いシナリオは、抵抗ある人も居るかもしれませんが、アクションが楽しいのもあるし、ぜひ一度遊んで欲しいわね!
かつて無い映像美を見るだけでも買う価値はあるぞ!
そんな訳で、絶対お勧めのNETY?NINE NIGHTSでした。
長話にお付き合いいただいて、ありがとうございました?
関連記事
スポンサーサイト
[ 2006年05月20日 22:30 ] カテゴリ:今日のセガ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL