脳天直撃16t

脳天直撃16t TOP  >  今日のセガ >  3Dスーパーサンダーブレード

3Dスーパーサンダーブレード





めがふり155



セガ3D復刻プロジェクト、13弾!
3Dサンダーブレード!
遂に来た、サンダーブレードの完全移植!
家庭用ハードでは、初の完全なアーケード版だな!
しかもそれが3D版だ!
ちなみに上の4コマはいとうせいこうのメガドライブのCMパロです。
私にとっては、ビジュアルショックだったのが、メガドラのスーパーサンダーブレードなのよね~
ネタにしようと調べたら、CMの映像は獣王記だったな。
さて、話を戻して。
サンダーブレードは、セガのアーケード体感ゲームシリーズの一つ!
戦闘ヘリが題材よ!
家庭用では、メガドラ版のスーパーサンダーブレードの移植があるな。
まぁ、メガドラのロンチタイトルで、完全な移植って訳じゃないな。
それが念願の完全移植!
これはうれしいわね~
ヘリコプターのゲームって珍しいっすね~
今は珍しいけど、以前はいっぱいあったのよ~
3D的な表現によく合うのよね。
当時は3D的な表現を2Dで無理やりやってたんだけど、この移植で3D感がすごく生きてくるな。
その辺は、このシリーズの体感ゲームの移植全般で言えるわね~
こんなに立体感が出て、しかも遊びやすくなるんだものね~
上から見る画面は、下からの攻撃が迫ってきて面白いっすね。
スペハリ的な奥行きのある3D表現と、全体を上から見た画面と、2種類の画面を行き来するのが特徴ね。
そこにヘリコプターならではのスピードの緩急が入るんだよな。
ホバリングで立ち止まる事まで出来るんだぞ。
この完全移植だけでもすごいのに、毎度毎度の充実のオマケモード!
画面サイズの変更、ジャイロコントロール、筐体モードの再現!
これまでの移植の集大成な盛り沢山さよ!
そして、真のラスボスと対決できるスペシャルモードの搭載!
武装も強化されて、遊んだ感じがかなり変わるぞ!
そして、このモードのために、従来と違う筐体の動きを搭載!
ついにソフトだけじゃなく、ハードまで新たにしたのよ!
どういう違いなんすか?
元のアーケード版の筐体は、プレイヤーが動かすタイプだったんだ。
ハングオンに近いイメージだな。
それをアフターバーナーの様に、操作にあわせて筐体が自動で動くイメージにしたのよ~
それがどうなるんだって言われたら、ゲーム性に関わる物じゃないって事になるんだが・・・
やってみたいからやったってのは、昔のセガらしい感じだな。
中身も作り直して、外側もイメージしなおして、作ってる人はこのゲームがよっぽど好きなんすね~
セガ3D復刻プロジェクトは、作りたいものを作ってるって感じが良く出てたわね~
そんな、シリーズも今回でまた一休みとなるわけだが・・・
とにかくは、ここまでありがとうございましたと言いたいわね~
特に3Dアウトランは長年の夢がかなった嬉しさで感極まったわ~
かつての名作たちが、3D化でより良くよみがえる。
本当に良いシリーズだったな。
遊びやすくなってるのが良かったっすよね~
一応は、この次のシリーズは未定となっていますが・・・
あえて言わせてください!
次も期待してますよ~
大物タイトルは出尽くした感もあるが、まだまだ3D化してもらいたいタイトルはいっぱいあるからな!
次に続くかは、シリーズの売り上げ次第!
さぁ、まだ遊んでない人は是非遊んで見てください!
どれも良い移植よ~
関連記事
スポンサーサイト
[ 2014年08月24日 17:45 ] カテゴリ:今日のセガ | TB(0) | CM(1)
最近このサイトを見つけてあまり関心のなかったセガに興味が湧いてきました これがセガの力・・
[ 2014/08/24 22:55 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL